データのトラブル諦める前にのイメージ

ソフトウェアを使用したRAID1構成のデータ復旧

ハードディスクに保存されているデータが失われると、パソコンの持つ価値は大きく失われます。

パソコンが役立つのは作成したデータを保存出来る性質を持つからです。

一時的に記憶出来るメモリは存在していますが、電源が消えると同時に情報は失われます。

何よりメモリは作業台の様な存在であるため記憶容量が少ないのです。


価値あるデータの詰まっているハードディスクが壊れてしまったら、大きな損害を受ける事は間違いありません。

当サイトでは、日本データテクノロジーのホームページを参考に、ハードディスク、特にRAID構成によるデータ保護、データ復旧について情報を提供します。



■RAID1構成でデータを守る

RAID1構成と呼ばれる技術があります。

2台のハードディスクを準備する事によって、記憶媒体の故障に対処するための技術です。

RAID1構成になっている2台のハードディスクは、データの書き込みが並行して行われます。

そのため1台のハードディスクが物理的に壊れてしまっても、残った正常動作をしているハードディスクでデータ復旧すればいいのです。

RAID1構成によってデータの保守性が高まるため、最近では家庭用のパソコンでもRAID1構成を運用しています。


■RAID1構成をハードウェアで準備した場合の欠点

RAID構成を作り上げる手段は2種類あります。

それは市販されている専用のハードウェアに頼る方法と、ソフトウェアを独力で準備する方法です。

ハードウェアを使ったRAID構成は専用のデバイスへハードディスクを挿入するだけになります。

データ復旧が必要になった時も新品のハードディスクを用意してからデバイスのボタンを押すだけです。

しかし専用のデバイスを購入しなければならないため、初期投資額が大きくなるという欠点があります。


■RAID1構成をソフトウェアで準備する

RAID1構成をソフトウェアで準備する場合には、パソコンに関する知識が不可欠です。

ソフトウェアを準備するだけでなく、ハードディスクの格納方法も考慮する必要があります。

しかしRAID1構成を完成させる事は決して難しい事ではありません。

なぜならRAID1構成に関する情報は、インターネット上のウェブページを閲覧するだけで集められるからです。

情報が充実しているウェブページの通りにRAID1構成に必要な環境を作れば、データ復旧も失敗しないで進められます。


ソフトウェアに関してもフリーウェアが豊富に存在しているため追加投資が必要ありません。

ハードウェアに依存するやり方よりも、初期投資額が小さい事で知られているのです。

扱うソフトウェアがユーザビリティの面で優れていれば、ハードウェアを使った時と同レベルの使用性も実現します。

しかし扱うソフトウェアや情報収集の対象となるウェブページには注意が必要です。


ページトップへ